これからの環境エネルギー分野において、新規事業・ビジネスを始めるために取り組んでいくことは何か、資金調達はどうしたらいいのか等のヒントを提供します。
今回は特別企画として、経営者の立場から、清本鐵工(株)社長の清本氏(K-RIP会長)及び協和機電工業(株)会長の坂井氏(K-RIP副会長)、金融の立場から、MCPジャパン・ホールディングス(株)社長の岡澤氏をお招きし、講演とトークセッションを実施いたします。
経営者をはじめ、環境エネルギービジネスに興味のある方、奮ってご参加ください。

開催日時

令和3年10月25日(月)

【講演会】15時00分~17時30分  オンライン(リモ-ト配信) ※Teams利用
※ 都合により講演の順番が変更になりました。ご注意ください!

参加費

無料(事前登録制)

プログラム

講演1(15:05~15:35)—————————-

「九州の環境エネルギー分野における共創と創出

清本鐵工㈱ 代表取締役社長 清本 邦夫 氏(K-RIP会長)

九州は再生エネルギー、リサイクル、あるいは、農業といった環境エネルギー分野における地の利があります。一方、カーボンニュートラルやサーキュラーエコノミーといった話題は、日々話題になるものの、具体的に、どのように取り組み、新規事業と結び付ければいいのか、共創と創出をテーマにお話いたします。

 

講演2(15:40~16:10 )—————————

「海洋関連事業へ、地元企業を糾合する新規事業開拓 共創と創出

協和機電工業㈱ 代表取締役会長 坂井 秀之 氏 (K-RIP副会長)

地方で中小企業が新規事業を考えてもできることは限られています。地元の企業が得意とすることを持ち寄り、集まれば、地方創生につながる大きな事業を展開することもできます。本講演では、長崎における海洋水産事業や海洋エネルギー事業への新規事業創造について、そのビジネスモデルの構想と、地元の共創についてお話いたします。

 

講演3(16:15~16:45)—————————-

「新規事業の資金調達 そのオプションと必要な経営者マインド

MCPジャパン・ホールディングス(株) 社長 岡澤 恭弥 氏 (福岡市国際金融アンバサダ-)               

新規事業の資金調達といえば、政府からの補助金や地元の銀行からの融資が一般的です。それ以外にM&A、ファンド、クラウドファンディングなどがありますが、詳しく知らない企業が多いようです。資金調達には、どんなオプションがあり、どう選び、どう取り組むべきか、また、ファンドを運営し、多くの企業をみて、経営者の心構えについて思ったことをお話いたします。

 

トークセッション16:50~17:30———————–

「新規事業開拓に必要な経営者のマインドセット

 岡澤 恭弥 氏(モデレーター)

 清本 邦夫 氏

 坂井 秀之 氏

九州で、環境エネルギー分野において、発展してくために、今後、何をしなければならないか、経営者の覚悟や新規事業取り組みについて考える。

お問合せ先

▼K-RIP(九州環境エネルギー産業推進機構)担当:片山
TEL:092-474-0042  FAX:092-985-0055
https://k-rip.gr.jp/

お申し込み、申込締切

下部「お申込みフォーム」に必要事項をご入力のうえ、お申し込み下さい。

申込締切 令和3年10月21日(木)

FAX:下記「第135回エコ塾ご案内参加申込書」に必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

第135回エコ塾ご案内参加申込書

お申し込みフォーム

このイベントの受付は終了しております。