【企業概要】
J-POWERグループは、エネルギー供給に携わる企業として環境との調和を図りながら、人々の暮らしと経済活動に欠くことのできないエネルギーを不断に提供することにより、日本と世界の持続可能な発展に貢献します。九州における地球温暖化問題への取組み事例としては、
○クリーンコールテクノロジーの開発:北九州市若松区の若松研究所にて、石炭の効率的な利用とCO2ゼロエミッション化に向けた取組み(EAGLEプロジェクト)を推進中。
○風力発電の推進:長崎県、熊本県、鹿児島県で4箇所50基の発電機(合計出力67,000kw)が稼働中。
○太陽光発電の導入:北九州市若松区の響灘埋立地において、出力1,000kwで稼働中。
○バイオマスの有効活用:バイオソリッド燃料(下水汚泥を廃食用油を原料)や木質バイオマス(建設廃材や林地残材)などを長崎県松浦石炭火力発電所にて混焼試験中。

企業・団体名
電源開発(株) 福岡事務所
所在地
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3-2-1
TEL
092-472-3736
FAX
092-473-0660
URL
http://www.jpower.co.jp
E-mail
webmaster@jpower.co.jp
事業種別
し尿処理
代表者
福岡事務所長 太田 裕之
創業年月日
1952年
従業員数
2,352人
資本金
152,449,600万円
売上高
7,068億3,500万円(連結)