【企業概要】
当社は、石油・化学・発電・原子力関連の機器、船舶関連鋳造品、各種プラント工場のメンテナンス、橋梁、大型鋼構造物、食品工場向け過熱蒸気調理器、製菓機械、廃棄物関連の動物残差処理設備、水門、水管橋、除塵機等の製作、環境関連の上下水道設備工事など幅広い事業を展開中です。
【地球温暖化防止分野事業】木質ペレット事業
平成20年に宮崎県門川町に設立した「㈱フォレストエナジー門川」は杉、檜等の廃棄樹皮を再活用し、粉砕、乾燥、圧縮成型の工程を得てペレットを製作する工場で、生産量は年間16,000トンと日本最大級の規模を誇る工場です。
【環境保全・浄化分野事業】FRP浄化槽製造・販売・施工・管理事業
①FRP製浄化槽:平成20年より中国大連市工業団地開発地区において、生活・工業排水処理場を大連政府とBOT契約を締結し建設及び運営維持管理事業を行っております。
*BOT契約とは建設(Build)・運営管理(Operate)・移行(Transfer)契約開発途上での工業団地での排水処理場運営において、弊社は実績5000m3/日実績を有しており来年度20,000m3/日増設を計画しております。 現在、汚水処理場未設置地区において集落単位及び工場単位での生活汚水処理設備(浄化槽の製造販売、維持管理)事業を行っております。
②天然鉱物使用凝集剤を使用したコンパクトな処理装置:東南アジア地域における発展途上国に外国資本の企業が参入し工場建設を行うなか、工場には排水処理施設が必要とされ建設費及び維持管理費にも多額な費用を要しています。また、年々排水処理水質規制も厳しくなってきており、排水処理維持管理費用のコストアップにも繋がるために、処理装置の安価と維持管理費用の低減化の提供に寄与するために、天然鉱物使用による凝集剤及び凝集ろ過システムによる安全・安心・安価な排水処理装置の提供及び既存設備での改善提案が可能です。

③1973年より米国S.P.Kinney社と技術提携した回転ドラム式ストレーナーを開発し、目詰りしないメンテナンスフリータイプでせん断機能があり、木片等の異物も切断し排出できる機能です。納入実績は水力発電所、下水処理場、製紙会社等へ2000台以上有ります。

企業・団体名
清本鐵工 株式会社
所在地
〒889-0595 宮崎県延岡市土々呂町6-1633
TEL
0982-24-1111
FAX
0982-24-1145
URL
http://www.kiyomoto.co.jp
E-mail
gotou-syu@kiyomoto.co.jp
事業種別
地域熱供給 下水処理 水質汚濁防止装置
代表者
代表取締役専務執行役員 清本 邦夫
創業年月日
1937年12月
従業員数
435人(平成27年4月)
資本金
9,500万円
売上高
165億円
海外取引状況
あり