【企業概要】
「水」と「電気エネルギー」の分野で蓄積してきたコア技術を基盤として、社会環境の改善や省エネ社会の進展、生産設備の省力化、情報化社会実現などのために、協和機電工業が保有する研究開発からシステム設計・もの造り・施工・施設運営までの一貫したワンストップ型の問題解決力を、お客様に提供いたします。
【環境関連の主な事業・サービス】
システム設計(水処理・産業機械・廃棄物処)
機械関係(水処理機械・産業機械・プラント設備工事)
電機関係(制御盤製作・電気計装工事・電気工事)
【企業PR】
2001年
日本最大5万トン/日能力の福岡海水淡水化施設【まみずピア】を大林組・協和機電工業建設共同体で受注。2005年施設完成後、現在まで当社がオペレーション&メンテナンスを受諾している。
2002年
協和機電(香港)有限公司設立し、水処理プラントの設計センター(電気&機械設計)を深圳で開所。2007年に協和環保(深圳)諮詢有限公司を設立して、中国市場で水処理と電気エネルギーのエンジニアリング事業に本格的に参入
2009年
NEDO新エネベンチャーの補助事業に、濃度差発電実証プラントが採択。東京工業大学・長崎大学・九州大学と共同研究実施中。なお、このテーマは2010年から浸透圧発電として内閣府の最先端研究プロジェクトMegatonプロジェクトのサブテーマに引き継がれている。

企業・団体名
協和機電工業 株式会社
所在地
〒852-8108 長崎市川口町10-2
TEL
095-848-7788
FAX
095-848-5305
URL
http://www.kyowa-kk.co.jp/
E-mail
promotion@kyowa-kk.co.jp
事業種別
膜 水質汚濁防止装置
代表者
坂井秀之
創業年月日
1948年
従業員数
449人
資本金
5000万円
売上高
88億円
海外取引状況
あり